最新のお知らせ

2017.05.10

「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」日本遺産の認定!

「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」日本遺産の認定

姫路市、福崎町、市川町、神河町、朝来市及び養父市の6市町が申請を行ったストーリー「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」が、このたび文化庁により日本遺産に認定されました。
「日本遺産」認定を契機として、関係市町や関係団体等と一層連携し、県の中央部を南北に走る「銀の馬車道 鉱石の道」の魅力を国内外に発信し、交流の拡大による観光振興や地域経済の活性化を図っていきたいと考えています。

『認定ストーリーの概要』
「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道 ~資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍~」
兵庫県中央部の播但地域。そこに姫路・飾磨港から生野鉱山  
へと南北一直線に貫く道があります、“銀の馬車道”です。さら
に明延鉱山、中瀬鉱山へと“鉱石の道”が続きます。
わが国屈指の鉱山群をめざす全長73kmのこの道は、明治の
面影を残す宿場町を経て鉱山まちへ、さらに歩を進めると各鉱
山の静謐とした坑道にたどり着きます。
近代化の始発点にして、この道の終着点となる鉱山群へと向
かう旅は、鉱山まちが放ついぶし銀の景観と生活の今昔に触れ
ることができ、鉱物資源大国日本の記憶へといざないます。
[申請者]
   姫路市、福崎町、市川町、神河町、朝来市、養父市

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ