スタッフブログ

2018.03.08

日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」のジオラマが完成しました!

姫路大手前ライオンズクラブさん協力の元、兵庫県や周辺自治体でつくる「銀の馬車道ネットワーク協議会」は、JR姫路駅中央改札口前コンコースに文化庁の日本遺産に認定された「銀の馬車道」と「鉱石の道」をもっと知ってもらおうと、2つの道を再現したジオラマを設置しました(*^_^*)

馬車道の全容を確認できるスポットが多くないため、道の「見える化」をのポイントの1つとして製作しました。ジオラマは縦2・5メートル、横1・2メートルで、明治・大正期に飾磨津(姫路市)-生野鉱山(朝来市)を結んだ49キロと、道沿いの6市町にある文化財や関係施設を立体的に表現し、生野鉱山から明延、中瀬へと続く鉱石の道もパネルで紹介しています。

県立香寺高校美術工芸部の部員の皆さんが各市町のマスコットキャラクターのフィギュアを手作りし、ジオラマに彩りを添えてくださいました。とてもかわいいフィギュアです♪

銀の馬車道が通っていたこの姫路駅から、皆さんで魅力をPRしていきたいです!
皆様是非見に行ってください\(^o^)/

 

20180306_061626692_iOS 20180306_062835984_iOS 20180306_075346831_iOS 20180306_075353162_iOS 20180306_075358799_iOS

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20180306_063751510_iOS