スタッフブログ

2017.10.24

姫路文学館 & 水屋珈琲 

姫路文学館は、姫路を中心とした播磨ゆかりの文人たちを顕彰し、資料の収集および調査、研究を行うとともに、あらゆる文学活動の拠点とすることを目的に、1991年4月市制百周年事業の一環として開館しました。

姫路城の北西に位置し、建築家の安藤忠雄氏の設計によるユニークなデザインの建物も魅力です。
近年リニューアルされてとても綺麗な建物ですよ(=^・^=)

 

「水屋珈琲 MIZUYA COFFEE」さんは、姫路文学館 南館1階にあります。数種類の良質な豆を独特な割合にミックスし、くせのない、ソフトな、コクのあるコーヒーが特徴です。

モーニングでマフィン・パイナップル・チーズを頂きました(^○^)前からパイナップルとチーズの組み合わせがとても気になっていたので念願のモーニングでした!

モーニングもコーヒーもとても美味しかったです♪

水屋珈琲 文学館