兵庫遺産街道とは

About Hyogo Heritage Route

日本海の城崎から瀬戸内の飾磨津、家島まで、
人と産業、時の輝きが織り成す、めくるめく歴史探訪浪漫譚_。

北は日本海、南は瀬戸内から大阪湾を臨む近畿地方で最も大きな面積を持つ兵庫県。
本州両端の青森県と山口県の他で、その二つの海に面し、
山陽と山陰、関西と中国、四国、九州を結ぶ要衝として古の時より栄えたこの地には
その長い歴史の中で、たくさんの繁栄の花が咲き、文化の実を結び、
多くの遺産が残され、現代に伝えられています。

日本海に臨み、千三百余年の昔より温泉に湧く城崎、
大地の営みを感じる山陰海岸ジオパーク。
社寺や町家、武家屋敷、魅力溢れる出石の城下町。
幽玄な美しさを放ち、朝霧に沈む竹田城。

平安の雅の頃より、織田、豊臣の戦国の世を経て天下泰平の江戸時代となり、
そして激動の明治を迎え現在に至り、
脈動する時代が常にその手に擁して歩みを進めた生野鉱山。

生野鉱山の物資とともに、最先端の知識、情報、文化を運んだ
わが国に初めて築かれた高速産業道路である生野鉱山寮馬車道、銀の馬車道。
生野から神子畑、明延へと、明治・大正・昭和の躍動を伝える、鉱石の道。

そして瀬戸内海は、イザナギとイザナミの命によって最初に作られたという、
国生み伝説を持つ「家島諸島」へと続く道。

世界遺産姫路城を有する姫路市、飾磨港から、近代日本の牽引力となった生野鉱山をつなぐ、
わが国初の流通革命となった銀の馬車道を核に、日本海へと臨む城崎への道、
近代日本の鉱山開発、発祥となった鉱山の道をともえて、
その魅力あふれるエリアを「兵庫遺産街道」と名付けました。

そこに息づくのは、
この地で生きた、たくさんの人々が培ってきた文化と歴史。
そして、現在に生きる人々とのふれあい。
悠久の時を超えて繋がる、篤い想いと時の輝きの物語なのです。

先人たちの英智と礎、趣を感じながら巡る、歴史探訪浪漫譚。
春・夏・秋・冬。
四季それぞれに流れる美しい時間、景色の表情をぜひお楽しみください。

おすすめの兵庫遺産街道エリアのご紹介

鉱石の道エリア

明延鉱山、神子畑鉱山、生野鉱山、近代化産業遺産を巡り歴史ロマンに出会う「鉱石の道」エリア。往時を偲ぶ貴重な遺産が大切に保管され、その佇まいは、近代日本が歩んだ歴史の躍動を現在に伝えています。

山陰海岸ジオパークエリア

京都、兵庫、鳥取。広大なエリアに広がる山陰海岸ジオパークは、日本海形成から現在に至る様々な地形や地質が存在し、それらを背景とした生き物や人々の暮らし、文化・歴史に触れることができる地域です。